女性

レーザーで傷跡を消し去る

先生

誰もが生きていく上で、何らかの怪我に見舞われることがあります。例えば、幼少の時に、転んで擦りむいて血を出してしまいます。また、料理をするときに使う包丁の使い方を誤って切り傷を作ってしまったりしてしまいます。子供の時には、治癒力が高いので、大人になってもとくに目立つことはありません。ですが、おとなになってから怪我をすると、中々傷跡が消えることがありません。子どもと比較して治癒能力が薄くなってきている証拠です。その為、何時までたっても傷跡として、目立つようになっているのです。そうなると、人目につくと、傷跡が気になって仕方がありません。気になるようでしたら、レーザー治療で治すという手もあります。レーザー治療といっても、複数の種類があります。

色素レーザーや、YAGレーザー、炭酸ガスレーザーなどが存在しています。どのレーザー治療を選んでも、高い治療効果があります。小さな傷跡であれば、数回の通院とレーザー治療によって必ず傷跡が除去することが出来ます。とはいえ、人によって、傷跡の種類は異なってきます。形が盛り上がっていたり、凹んでいたりしているからです。また、傷跡の色素なども、傷を負ってからの経過によって変化してきます。それらを考慮してレーザー治療を受ける必要があるのです。何故なら、傷跡の度合いや範囲の広さによっては、レーザー治療を用いてもかなりの時間を費やす可能性があるからです。当然、時間がかかればかかるほど治療費用も高くなってきます。

Copyright©2015 刺青を除去してイェーイ!~綺麗さっぱり傷跡ナッシング!~ All Rights Reserved.